アレクセイ・レオンチェフ

アレクセイ・レオンチェフ(英 Aleksei Nikolaevich Leontiev; 露 Алексей Николаевич Леонтьев)、(1903-1979)。


レオンチェフは旧ソビエト出身の心理学者である。発達心理学を専門として活動理論を展開した。ソビエト心理学における泰斗であるヴィゴツキーやルリアとならぶ重要な人物である。特にヴィゴツキーからは直接の指導を受けており、「精神発達は人類が積み重ねてきた社会=歴史的経験を獲得する過程で形成される、とする文化=歴史的理論を継承し発展させた(近藤、1999)。



テーマ



活動理論



関連する理論との共通点と相違点



業績(論文・著書)



参考情報



福島真人, 1996, 「心」は個人の内面ではない, 別冊宝島279 わかりたいあなたのための心理学入門, 宝島社


関連サイト




執筆・編集者

DDA(項目のみ追加)








  • 最終更新:2008-11-27 20:11:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード